おうちのこと 

おうちのこと

素敵なおうちに住みたい、素敵に暮らしたいな~

母がアパートを建てました(2)

前回の続きです。

suno.hateblo.jp

  前回のあらすじ↓↓↓

古い家に一人で住んでいた母。 

ハウスメーカーのキャンペーンに応募したことから、同じメーカーのアパート部門の管理職営業マンの勧めに乗り、アパートを建てることを決意。

でも契約の説明を一人で聞くのはちょっと不安ということなので、母の家で一緒に話を聞くことに。

騙されているんじゃ?と思ったけど、とりあえずメーカーの話を聞いてみようかな・・・

 

 押しの強い営業マン主導で、どんどん話が進む

 あんまり母とじっくり話せないうちに、「押しが強い」(母曰く)営業が来ました。

しゃべり方を聞いていると、なるほど確かに押しが強い。だけじゃなく上から目線。いい人じゃ全然ないんだけど、自信たっぷりに言われると、そうなのかもと思ってしまいます。

母の住んでいる家は駅に近く、周りのアパートは単身者向けや2LDKまでならたくさんあるけど3LDKはほぼ無い環境なので、収益が見込める。間違いない。と言い切られました。「絶対ですって!お母さん!」

(母の建てたアパートはメゾネットタイプの3LDKです。)

 私は他人に「お母さん」とか言う人は好きでないので、いい印象は持てませんでしたが、そこまで断言されると、じゃあ大丈夫かなと思ってしまいました。

 

それから設備を決めたり、ローンをどこにするかを決めたり、全部営業主導でサクサク進みました。

設備を決める時にはメーカー本社に私も同行しました。外壁の色や窓、お風呂の色などを決めましたが、それも営業が先に決めていました。

ですが、母はそのアパートの一室に住むことにしたので、自分が住む部屋だけは自分で決めたいと、色など変更しました。

窓も少し大きめに変えてもらったりしました。

すると営業は「アパートの設備はもっと短時間で決めるもので、こんなに時間がかかった設備決めは初めてだ」と言っていました。

そうかもしれないけど、オーナーの目の前で言わなくてもいいのに。

堪りかねた母は、営業を他の人に変えてもらいました。

 あっという間に完成

どんどん決まった打ち合わせで、取り壊しや棟上げの日も決められました。

営業マンが他の人に代わっても、基本は変わらなかったです。

母の都合で他の日がいいと言っても、メーカーは賃貸に出すからには2月までには完成させたいということで急がされました。もっともですが、言い方の感じが悪いのです。アパートだとそういうものでしょうか?それとも大手メーカーだから?

私はこのハウスメーカーでは絶対に建てたくないと思いました。

予定通り、2月までに完成しました。

母は取り壊しも棟上げも立ち会っていません。

(いちおう地鎮祭は行われたそうです。)

「オーナー見学会」が行われ、その時に他の部屋も見せてもらいました。母の住む部屋は、母の希望で明るい色で揃えられましたが、賃貸に出す部屋はアクセントカラーに濃い紺色を使っていたり、お風呂や玄関もダークな感じです。色で全然印象が変わりますね。

最近は暗い色が好まれるという説明でした。

母のアパートは、若い夫婦や小さい子のいるファミリー向けの作りだそうです。

(まぁその一室に独居老人が住むわけですが)

 

すぐに借主が決まる

 営業マンの言った通り、問題なく借主が決まりました。

完成前から募集をかけていたそうで、会社の借り上げ社宅として契約が取れたということでした。

やはり駅が近いのが良かったのでしょう。

 

アパートに住んでみた感想

母は住み心地をとても気に入っています。

何度か私も娘たちと泊まりに行っていますが、収納などよく考えられているなと感じます。

庭がなくなったのがさみしいですが、母はアプローチの植栽を手入れしたりして楽しんでいるようです。

古い家に比べると、広さはぐんと狭くなりましたが、防音などがよくなり、冷暖房効率も良さそうです。

平屋から2階建てになり、階段が不安だった母も、今はまだ大丈夫です。むしろ上り下が運動になって、元気に長生きしてくれたらいいな。

営業マンの押しの強さに嫌な気持ちになりましたが、思い切って建ててみて、結果良かったのではないかなと感じています。

今後何年か経ったら、また違った感想が出てくるかもしれません。

でも、あのまま古い家で暮らしていても、どこかが不具合~リフォームのいたちごっこだったかもしれません。実際そんな感じだったし。

アパートに建て替えることになるのなら、リフォーム費用がもったいなかったなと今は思います。

 もし父が生きていたらどんな決断をしたか分かりませんが、母が一人で暮らす家が台風が来るたびに怯える心配がなくなって良かったです。

 

どなたかの参考になれば、嬉しいです。