おうちのこと 

おうちのこと

40代なのに貯金ないけど、居心地のいいおうちを作ろうと奮闘するブログ

住宅ローンについて。変動金利で大丈夫?

こんにちは。断捨離が進まないハチミツです。気になっているのか、めっちゃ断捨離してスッカラカンの部屋になって満足!という夢を見ました。ぼちぼちやらなくちゃな~。

 

さて、住宅ローンについて、悩んでおります。現在、本で勉強したり、いろんな方のブログを見たりしています

 

そもそも貯金がありません。これでまだ20代というなら、まだ先があるし!と思えるかもしれませんが、何しろ40代。35年ローンなんて組んで大丈夫なのだろうか?この年なのに、貯金が乏しいっていう経済力の無さ&計画性の無さで、マイホーム購入なんて、無謀にも程があるのではないか。冷静に考えると、恐ろしくなりますね。うぅーん。

f:id:kiwim:20170725081614p:plain

夫婦で悩んでいるようですが、夫は次の旅行どこに行けるかな?という悩み。

仮審査は大丈夫だった。

実は今までに何度か仮審査を申し込んでおります。

土地は見つからなかったけど、ハウスメーカーの勧めに乗り、初めて申し込んだ時にすんなりオッケー。しかも結構な額。そんなに借りるつもりは全くないのに、ハウスメーカーの方が「足りなくて困ると大変ですので、最初は多めに金額を書いておくといいですよ」と言われるがままに。(今考えると、本当かな?と疑問ですが)

地方銀行の変動ローンでした。

「もっと上乗せしても全然大丈夫ですよ!」というお返事があり、ほっとしましたが、そこのハウスメーカーでは希望の土地を見つけてもらえず、今に至ります。

次は別のメーカーで、建築条件付きを検討したとき。ふたつの地方銀行で変動金利のローン仮審査を通してもらいました。

この時も、営業さんのお勧めの銀行とローンで、「このローンで間違いないですよ!」とスゴイ自信でおすすめされました。フラット35がいいんじゃないかと思うと伝えると、「個人的にはフラットはおすすめしない」と言われました。

結果として、この家自体をお断りしたのですが(金額に不安を覚えたため)、最近このうちひとつの銀行から夫に電話があったそうです。

「その後どうなりましたか?(別の物件を検討していると伝えると)もっと金利下げますから、ぜひウチを候補に入れてください」と言われたそうです。

えー、そんなに下げられるの?この銀行、つぶれたりしない??

今の工務店の営業Yさんも、変動ローンをお勧めされます。やっぱり、フラットはおすすめしないと。今回もまた地方銀行で仮審査を通してもらいました。

変動ローンで本当に大丈夫なの?

結果として、どこの業者さんも、変動金利をおすすめされました。

しかし、図書館で読む本には、たいてい「フラット35で間違いない」「変動金利は将来が不確かなので(多分金利上がるから)苦しむ」と書いてあるので、夫は変動に大変不安を感じています。

私も、本は無難なことしか書けないルールがあるのかなと感じます。攻めの内容書いて、読んだ人が破綻したら責任取れないから、出来るだけ無理のないことしか書けないのでしょうかね。

金利は素人には全く読めませんが、プロでも読めないのでしょうね。日経見ても全然わかりません。

 

f:id:kiwim:20170914172045j:plain

周りの人にも聞いてみると、変動を借りている人はいませんでした。

親戚はフラット35を借りていました。

ママ友は、固定金利地方銀行)だそうです。ちなみに20年固定だったかな?

住宅会社の人は間違いなく変動をすすめます。金利が低くてたくさん借りても月々返済額が少なく表示できるからでしょうけど。実際営業のYさんも、他者のメーカーの営業の方も、自分自身が変動を借りているそうです。

東京オリンピックが近づいてきて、金利はあがるだろうと言われていますが、ハウスメーカーの方は、多分大丈夫だろうと言われました。問題になるほど上りはしないだろうと。

もし仮に、(彼らの)予想以上に上がったとしても、月々返済額が一万円上がったとしたときに家計が成り立たなくなるのなら、フラットがいいそうです。

一万円くらいなら大丈夫って家庭なら、変動でいけるそうです。

う、うちはどうなんだろう。。。

営業さんたちがすすめるから、変動でいいかなーと気持ちは傾いています。盲目的に信じるのは危険ですが。

色々な方のブログを読ませてもらっていますが、あまりローンについては書かれてないように感じます。

個人個人で、状況が異なるからでしょうか。

ちなみに、今までに我が家が仮審査を受けたのは、地方銀行の、それぞれ別の支店での変動ローンです。業者さんのお付き合いがあるのでしょうね。

 ローンの内容もまだまだ検討しないといけませんが、どこで借りるのかも、また悩まないといけませんね。

 

長くなったので、またいずれ別の記事で書きたいと思います。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。