おうちのこと 

おうちのこと

40代なのに貯金ないけど、居心地のいいおうちを作ろうと奮闘するブログ

PTA活動について

こんにちは。小学生の娘二人の母、ハチミツキウイです。

 

今回はPTA役員についての思うことです。

 娘二人はそれぞれ幼稚園に3年通い、現在は2人とも小学生です。幼稚園でも小学校でも、PTA活動はありました。

PTAの中で、なかなか面倒くさい仕事をしなければならない役員(呼び名はいろいろ)という担当があります。

これまでの活動歴

幼稚園では、役員になることなく過ごしました。役員じゃなくても係の仕事などはあり、ちょこちょこ幼稚園に顔を出すのも楽しかったです。

長女が年少の年に次女が生まれたため、役員はしなくていいよと言ってもらえました。

次女が入園したときには、役員やらなきゃねと思っていました。ところが他にも同じような境遇の方がいらっしゃって、「私がやります!」と言われたのでお任せしました。

引き受ける人がいないだろうから、今回はやらなくちゃね~くらいの気持ちだったので、ありがたかったです。

小学校では、6年間で一度役員をすればいいと言われていますが、今までに2度経験しました。2度目の分を、次女の分の1回分にカウントしてくれないかなーと思っています。

小学校のPTAは後味が悪かった

一回目は、まだ良かったです。次女が幼稚園に入園して手が離れたので、小学校の役員も早いうちに済ませとこう~と思って役員になりました。

幼稚園の通園バスの時間が遅くて、小学校役員の活動開始時間にギリギリになるか間に合わないか、という想定外の事態になりましたが、活動そのものは楽しくできたと思います。

(※小学校は幼稚園よりも開始時間がだいぶ早いので、注意ですね。)

役員活動のある日には、長女を早めに登校させてから次女を車で幼稚園に送り、そのまま小学校に行き活動に参加するという流れでした。次女が幼稚園に着いたらさっさと園舎に入るなら良いのですが、車を降りるなり園庭で遊んでしまうとか、そもそも車を降りたくないとか、年少さんはスムーズにいきません。

幼稚園の受け入れ時間スグに登園させて、やっと間に合う感じでした。

どうにかこうにか一年目の役員は終わり、次は次女が入学したら何の役員になろうかなとぼんやりしていると。

「役員を引き受けてくださりありがとうございます。担当役員決めを行うので〇月〇日に来てください」

というようなお便りが届きました。

 

え?引き受けるとか言ってないけど?

と、その年のクラス役員さんに電話してみましたが、「あれー?もう〇組はハチミツさんに決まってますよ~」というお答え。他に引き受けてくれる人もいないみたいで、仕方なく受けました。次女の分も引き受けたってことにしてね!と念を押したけど、その話がどこまで通るかは分かりませんよね。半分諦めています。

昼間は割と自由な時間があり、役員を引き受けるのは無理ではないのです。でも、積極的にはやりたくないなって思いがあります。

ある小学校のイベントで保護者がたくさん集まっているとき、「ウチの学校は暇な専業主婦が多くてPTAになりたい人が多くて助かるわ~!」と笑っているのが聞こえてしまってショックでした。

専業主婦はヒマなわけではなく、なりたくてなっているのでもなく、そんなことを専業主婦がいる場で言ってしまえる人がいるなんてね。心が冷えます。

 

とにほさんの、PTA活動についての記事も、とっても共感します。

toniho.hatenablog.jp

夜間の活動、本当に大変ですよね。

PTA役員と、子ども会役員と、地区の隣組長が回ってきてしまったので、しょっちゅう夜7時頃から出かけていました。夫は早く帰れる日がほとんどなくて、長女と次女を5時には夕飯食べさせて参加。はじめは2人を連れて参加してましたが、半年ほどすると二人で留守番するようになりました。次女をみてくれていた長女に感謝です。でも危険ですよね。海外ではありえないんじゃないでしょうか。結果的には何事もなかったけど、すごく心配で不安でした。

 

昼間はお仕事をされている方がいるから、という理由で夜に集まるのでしょうが、どうにか対策できないかなぁと毎回悩みました。アンケートなどに無記名で書いてみたりしていますが、効果はないようですねぇ。

 

二度目の委員は、集まってみると仕事をしてある方がほとんどでした。毎月集まる日程を決めるだけでも大変だったので、いろいろやり方を変えてみました。

それぞれ活動しやすい曜日・時間帯がバラバラだったため、いくつかのグループに分けて仕事を振り分けたり、例年通りにはいかないけど、工夫したつもりでした。

ところが。

「今年の委員はヒドイ」と言われている、という声を聞きました。

え、そう言われましても、何がひどいの~・・・

 

どうやら、今までの委員経験者や他の(別の担当の)委員などからの声ということでした。

なんていうか・・・「私たちはかなり無理しながら頑張った(頑張ってる)のに、省略してラクしてずるい」

みたいなことですかね。ふーん、悲しいなぁ。PTA役員、誰も引き受けてくれなくなるんじゃないのかな。

わざわざ有休をとってまでしなくちゃいけない活動じゃないと思うのですが。

昼間暇な専業主婦が全部引き受ければいいじゃんって話でもないと思います。もしかして家族の介護とか、外に出られない人だっているかもしれないし。

 

また役員決めの季節になる

そろそろ、次の年度の役員を決める時期になります。

私は、たまにバイトしてますが時間が都合つく立場なので、役員を引き受けてもいいかなって気持ちもあります。何度も学校に行くと、先生の顔と名前を覚えられるし。

娘たちも、どんな用事であったとしても私が学校に来るのを楽しみに思ってくれているようなので、やってもいいかなって思います。

でも、文句を言われるならやりたくなーい!面倒なことには参加したくなーい。

どうしても引き受けてくれる人がいなくて、困った状況になったら、また引き受けてしまうかもしれません。やってみたら今度は楽しく活動できるかもしれない。PTA活動って、色んなママさんとお話できるし、もっと楽しくできるはずなんだけどなー。何が問題なんだろう。

 

来年は、長女が中学生になるので、そっちも役員決めがあると思います。あんまり学校のことも話してくれなくなるかもしれないので、中学のPTA委員になる方がいいかな~?両方はさすがに難しいだろうな~?なんて迷いながら、次の参観・懇談に出席します。

 

 

長文になってしまいました。

最後までお読みいただきありがとうございます。