おうちのこと 

おうちのこと

40代なのに貯金ないけど、居心地のいいおうちを作ろうと奮闘するブログ

子どものお金の使い方に悩んだ日でした。

こんばんは。今日は次女と二人でイオンモールに行ってきたハチミツキウイです。夕食はお弁当を買って済ませちゃいました。

 次女は小学2年生です。まだ、お小遣いは月にいくら・・・という形ではあげていません。

お手伝いをしたとか、何かのイベントの時とかに、少額ずつあげています。

 

今日は、町のお祭りです。

今は夫と次女の二人で出かけています。(長女は友達と行っています)

お祭りでは夜店も出るし、ちょっとだけお小遣いをあげていました。

お祭りが始まる時間は夕方からなので、昼間はイオンモールに出かけたのですが。

次女は、そこで少ないおこづかいを全部使おうとしました。内容は、ガチャガチャとクレーンゲームです。

ガチャガチャは、欲しい景品がなかったらしく諦めました。

次にゲームコーナーに行ってクレーンゲームをしたいと言い出しました。次女の腕前で、景品が取れたことがないので、一回だけならしていいよと伝えました。(遊んじゃダメというのは可哀そうかなと思って。)

案の定、一度では取れません。「惜しかったねー!」と言って帰ろうとすると、もう一度すると粘ります。夜にお祭りがあるから、今お金を使っちゃうと楽しめないよと言っても、それでもいいともう一度だけ遊ぶことになりました。

でも取れません。(多分そうなるだろうと思いました。)

しょんぼりしながらも、諦めて帰ることに・・・と思ったら、他のクレーンゲームに目移り。「これなら取れそう!」目を輝かせています。

それでも、初めに約束したので帰るように説得しました。けっこう時間をかけて説得したので、次女も根負けして帰ることになりました。

帰りながら、「お父さんは、次女ちゃんのお金は次女ちゃんが好きなように使っていいって言ってた。どうしてお母さんはダメって言うの?お父さんとくればよかった。」と不満タラタラです。

初めに約束をしたから。そしてクレーンゲームは何もゲットできないとさみしいから。そして、次女のお金だとしても、もともとはお母さんがあげたものだから。お母さんは大事につかってほしくて、お金の大切さも考えてほしくて、お小遣いをあげているんだよと伝えました。理由になっていないかもしれませんが、グッタリしながらも、一生懸命伝えたつもりです。

小2でどこまで自分で考えてくれるかわかりませんが、生きていく上で絶対に必要なお金とのかかわり方を学んでほしいと思っています。少ないお小遣いでも楽しくつかってくれると嬉しいなと思います。一度に全部使い果たすのも子どもの自由なのかもしれませんが・・・これまではそうさせてきましたが、そろそろ使い方を工夫して欲しいと思っています。

 

今頃お祭りで、どんなふうに過ごしているかな。

そろそろ私も出かけてきます。

 

それでは、お読みいただきありがとうございます。