おうちのこと 

おうちのこと

40代なのに貯金ないけど、居心地のいいおうちを作ろうと奮闘するブログ

引っ越しの時期

こんにちは。連休が明けてまた忙しい日々が始まりました。ハチミツキウイです。

 

もうすぐ契約で、ドキドキです。

すんなりいけば、来年の2月から3月には完成、引っ越しできそうです。すんなりいくかなー?

 私の父親は転勤が多くて、数年で引っ越しを繰り返していました。子どもの頃は、よく漫画の主人公にある設定の「幼なじみで腐れ縁」の彼とか親友に憧れました。漫画の読みすぎですね。

 

 転校させることは嫌だと思ってなかった

転校を何度か経験していますが、そのせいで「我が子には転校させたくない」とは考えなかったです。

友達は自然とできるものというか、転校って緊張するけどみんな構ってくれるので、自分からどんどん声かけなくちゃ!という頑張りが必要ないので大丈夫でした。ありがたいですね。

 

それよりも小学校卒業と同時に引っ越した時、中学入学の緊張まわり全員知らない人という緊張がダブルの時の方が、怖かったです。複数の小学校から生徒が集まる中学だったので、まわりはそれぞれの小学校時代の知り合いとおしゃべりしていて、何だか入り込む余地がない・・・。でも二日もすれば、他県から引っ越してきたという自己紹介をする場があり、友達ができました。ホッとしました。

でも転校しない土地を選びました

子どもが転校しないでいいように同じ校区で家を探す、というつもりはなかったのに、結局は同じ校区で家探しをしました。

f:id:kiwim:20170724134944j:plain

それは、長女が小学校入学前に引っ越した時に、すっかりふさぎ込んでしまったことがあったからです。同じ校区で、歩いて20分くらいの場所に引っ越したのですが、毎日のように遊んでいた近所の仲良しのお友達(別の幼稚園の子)と遊べなくなって、みるみる元気がなくなり、いろいろな病気になってしまいました。引っ越しと病気と直接の関係はないのですが、しょんぼりしていると、病気になりやすいんじゃないかと思います。病は気から、ということですよね。

そこを励まして元気にしてあげるのが母親の役目なのかもしれません。同じ小学校に入学するんだよ!とか言ってみましたが、私は長女を元気にできませんでした。すごく反省しています。親子でも性格は違います。全く別なんだなと、しみじみ感じました。

 

長女は繊細で傷つきやすい性格なんだなと感じて、転校させるのが怖くなってしまいました。

 

f:id:kiwim:20170725081357p:plain



それで、同じ校区で家さがしをしたのですが、近隣の小学校区ならもっと低価格で土地がたくさんあるということがわかったのは探し始めてからのことでした。

 

それなら転校しなくていい時期(小学校、中学校の卒業の頃)に引っ越せばいいかなと考えましたが、長女と次女の二人が転校しなくていい時期は、ずいぶん先になることがわかりました。

その頃には、親の私たちの年齢が・・・。

年をとってから希望の家に住むのではなく、今住みたい!と考えて、近所で土地を探すことにしました。高い金額の土地ばかりで、なかなか見つかりませんでしたが。

 

小学校の転校はないけど、中学校が違う!

結局は転校しなくていい同じ校区に家を建てようとしていますが、中学校区が変わります。

入学前に引っ越すことができれば、問題ありませんが、もし工期が伸びると、越境入学させることになります。

 

距離的には、通学するのに困難なほど離れていませんが、手続きが面倒なので避けられるなら避けた方がいいと営業のYさんが教えてくれました。どれだけ面倒なことになるかわからないので、調べないといけませんが、入学に間に合ってくれたらありがたいです。

ただ工期を早めるために大工さんを焦らせたりするのはやめたほうがいいって、よく言われていますよね。出来るだけ価格も抑えられるようにしっかり検討したいし、入学前に引っ越したいけど・・・悩みます。

 

 

些細な内容ですが、最後までお読みいただきありがとうございます。