おうちのこと 

おうちのこと

40代なのに貯金ないけど、居心地のいいおうちを作ろうと奮闘するブログ

外壁のはなし

こんにちは。寒くて何枚も重ね着しているハチミツキウイです。

娘たちは靴下もはいてくれないほど寒さを感じないようです。若いって素晴らしいなとうらやましく感じます。

 

さて、今日は外壁のお話です。

 そろそろ外壁を選んでくださいと言われて、カタログを見たりショールームに行ったりしていますが、まだ決まっていません。

 

我が家のお願いする工務店では、「標準」ではケイミューという会社の外壁になるようです。(もっとお金をかける場合は違ってきますが)

 

家を建てることになるまでは、外壁の会社なんて全然知らなかったし、今も他にどんな会社があるのか知りません。

漠然と、タイル張りの家ってかっこいいなと思っていました。下手をするとセブンイレブンみたいになってしまうので、そこは気を付けないとなー・・・くらい。

いろんな建売物件やモデルハウスを見るようになる頃には、塗り壁が良さそう、と思い始めました。あるハウスメーカーから、その良さを丁寧に教えられたからです。

なるほど・・・では、塗り壁にしよう!と思っていたのですが、残念ながら「標準」はケイミューのサイディングだそうで、塗り壁にするには金額が上がってしまうという現実に直面しました。

でも、もともと塗り壁に憧れを抱いていた訳ではなかったため、よし、サイディングにするか。と、割と潔く諦めることができました。

 

ところが、サイディングっていっても、たくさん種類があるんですね。貼りわけもできるから、何通りもパターンが考えられます。

どこをアクセントにして、どんな色にしようか、自由過ぎて、イメージが湧きません。

スウェーデンハウスさんのような、上下で貼りわけてるのもいいなーと思ったら、それは夫がお好みではないということで。ウーン。

じゃあどんなのがいいの?と聞いても「カッコイイの」としか言わないので、カタログで気に入った外観を選んでもらいました。すると、「プレーリースタイル」と呼ぶそうです。え?プレーリー?

オグロプレーリードッグ

オグロプレーリードッグ | 上野動物園の動物情報 | 上野動物図鑑

「プレーリードッグ けものフレンズ」の画像検索結果

 

全然聞いたことないスタイルだったので、なかなかイメージがつかめません。

夫はプレーリースタイルが希望

プレーリー

http://www.kmew.co.jp/design/lifestyle_prairie.jsp(ケイミューのhpより)

ほー、なるほど。重厚な感じかな?素敵ですね。なんでこれがプレーリーなの?

ところが、わがやの家のカタチが、こんなのではないのです。

「重厚感」が全くない、四角い家に本を開いたような屋根の形。切妻屋根というそうです。こどもが「いえ」と聞いて描く家のカタチですよね。

そんな家にプレーリーは、なんだか想像がつかない。大きな家なら格好がつくのかもしれませんが。

ケイミューのhpで、外観のシュミレーションができるのですが、夫も、いろいろ試しても全然しっくりこないということで、ショールームで外壁材を見て決めよう、となりました。

プレーリーについて調べてみると、詳しいページがありました。

住宅の外観デザインを考える〜フランク・ロイド・ライトの住宅〜|おうちを考える|ouchi*club-住まいの情報サイト「おうち*くらぶ」

フランク・ロイド・ライトなら知ってました!カッコイイですよね。ほほー、地を這うようなスタイル?わぁ、全然あてはまらないや。

 

ショールームに行ってみた

なんとなく、良さそうな外壁材の組み合わせをシュミレーションで選び、現物を見にショールームに行きました。

他にも検討している方々があり、皆さん腕組みをして、悩んでいらっしゃる様子でした。

すみっこで、我が家の検討している外壁材を並べてみましたが、すぐに夫がグッタリしはじめました。石目調を考えていたのに、現物を見たらイメージと違うと感じたようです。カタログの写真やhpの画像だと、なかなか再現できないんでしょうね。

さらに、他の方々が去った後に、外壁材のサンプルやカタログが出しっぱなしなことにストレスが溜まったようです。「どうして片づけない?!出したら戻せよ!」

家の中でもフツーに言ってますが、外でも言うのはやめて欲しいなー。トラブルになったら怖いよー。

結局、他の方が出した物も全て夫が片づけ、ちょっとスッキリして落ち着いたようでした。おぉ怖い怖い。

ちなみに、外壁材のサンプルはとても重たくて、全部片づけた頃には指紋が消えたと言っていました。

それと、15ミリのサンプルの場所に16ミリの物が混ざっていたりして、希望の物を探す時に困ったので、やはり見たら戻すのが正しいと思います。ほったらかしにしたまま帰った人たちの家は、やはり片付いていないんじゃないかなと思いました。

 

で、思ったのとイメージが違う外壁材の中で、新たに候補を絞り、帰ってから組合せを考えようということになりました。(疲れてきていたので・・・)

 

そして。

サンプルの写真を見ながら検討したけれども、やっぱり決めることが出来ず、これはもう、営業のYさんに託そう!ということになったのでした・・・

いくつかの候補をYさんに託して、それを我が家の立面図に当てはめて、しっくりくる組合せを選んでもらおうと思います。

そこそこシンプルだけど、まぁまぁどっしりした感じ?いい具合に収まってくれるといいなぁと願っています。

 

とても長文になってしまいました。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。