おうちのこと 

おうちのこと

40代なのに貯金ないけど、居心地のいいおうちを作ろうと奮闘するブログ

着なくなった服でウエスづくり

こんにちは!

とにほさんのブログを読んで、私も同じだー!と思ったので便乗しちゃいます!

toniho.hatenablog.jp

とにほ様、勝手にリンクさせていただきました。すみません。

 

もともと物を捨てられない性格なので、必要なくなった服を捨てるのも、以前は結構決意が要りました。

だけど実家の母が「生前整理」と言って持ち物をどんどん処分しているのを見て、確かに大事だなーと、私も思い切って断捨離を少しづつ取り組んでいます。思い切ったわりに少しずつなのですが・・・

そして母が、祖父母の洋服などを全部ウエスにして使い切ったとき「清々しい達成感を感じた」と言っていたのが印象深かったです。

思い入れのあるものでも、最後まで使うと気持ちがいいものなんだなと感じました。

f:id:kiwim:20180207153555p:plain

今日は、夫のハイネックTシャツをウエスにしました。

首のところがヨレっとしてきたので、そろそろだなと思っていて、ちょうどウエスが少なくなってきたので、ハサミで小さく切り刻みました。

私はだいたい手のひらサイズ(15センチくらい)に切って使っています。

テーブルを拭いたり、床に食べこぼしたものをサッと拭いたり、歯磨きのついでに洗面台や鏡を拭いたり、毎日活躍してくれます。

食器やフライパンの汚れがひどい時も、洗う前に拭いています。ケーキのクリームとか、カレーやシチューの後とか、そのまま洗うのがイヤな時です。

 

服の素材によっては、使い道を分けています。

フリース生地の場合、水分をふき取るのはイマイチなのですが、水に弱い家具などを拭くときには、ホコリを絡めとってくれている感じがして気持ちがいいです。(濡らさずに使います)

 

 

子どもの服をウエスにする時は、寂しい気持ちになります。

ボロボロになるまで着ることはほとんどなくて、サイズアウトで着られなくなった服ばかりだからです。

「ついこないだ買ったのに、もう入らないなんて!(勿体ない)」という気持ちと、「こんなに小さな服でもブカブカだったのにね(成長したのねー)」という気持ち。

ハサミを入れる時にしんみりしますが、ウエスにすると使い心地は良いです。柔らかい生地が多いからですね~。

 

そしてゴミ箱に捨てる時、「最後まで役に立ってくれてありがとう、お疲れ様」という気持ちで捨てられます。こんまりさんの本の影響もありますね。

これが達成感かなー。なかなか気分がいいです。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。