おうちのこと 

おうちのこと

40代なのに貯金ないけど、居心地のいいおうちを作ろうと奮闘するブログ

パソコンコーナーの続き(完成前から後悔)

こんにちは。

もうすぐ中学校の体育会、その翌週は小学校の運動会です。娘たちは日に日に日焼けしていってます。本番当日は、お天気に恵まれるといいな~。

 

さて、パソコンコーナーですが・・・。

前回、高さについて悩んで、ちょっとは変更できそうって書きましたが

suno.hateblo.jp

 残念なことに、変更できないというお返事が工務店より届きました。あぁ。。。

f:id:kiwim:20180509182956p:plain

コレ↑が問題のカウンターですが、幅250センチ、奥行50センチで、足元をスッキリさせたかったので、脚がついていません。その代わりに支えとなる斜めの脚が(上の写真では分かりづらいですが)2か所入っています。

カウンターの高さは、パソコンや勉強するのに肩が痛くならない高さ、ということで 70センチにしてもらいました。

現在の住まいで使っているダイニングチェアをそのまま持って行く予定でしたので、その椅子に座った感覚では70センチで大丈夫と判断しました。

その後・・・

作業する際に、引き出しがあると使いやすいなーと感じたので、追加をお願いしました。薄い板(ホームセンターで売ってる安い板)で良いので、L字の金物で付け加えるのはどうでしょうか?と工務店にお願いすると、そんなモノで良いなら、と了承されました。

この時、板の高さはハッキリ指定していなかったのでしょう。記憶にありません。記録もありません。これが失敗ですね。

100円ショップのトレーとか浅いカゴとかを置いて使おうと思っていたので、10センチくらい隙間が空いていればいいです、と言っていたのですが。下から何センチ、という考えが抜けていたんですね~。

今思えば、「最低でも55センチの高さは欲しい」とビシッと言うべきでした。

工務店は家のプロなんだから、悪いようにはしないだろう」くらいに甘い考えだったと思います。自分の家なんだから、施主もぼんやりしてたらいけません!

 

それで前回の記事では、工務店から下の板はL字金物で固定してるだけだろうから、変更オッケーですよとお返事をいただいていたのですが、いざ現場で確認すると、仕様が違っていたそうです。

大工さんが、せっかく作るんだから、カッコイイのにしてやるよ!と張り切って分厚い板(カウンターの板と同じ板)で、斜めの脚に組み込んで、壁にもガッチリ組み込んで作ってくれていたのでした。

引き出し空間の隙間の高さが15cm。板の厚さが3cm×2で6cm。それをカウンター70cmから引くと、残りは49cm。

座面の高さが40cmの椅子に座ると、脚が入る空間はわずか9cmなのです。入らないだろうなー。無理して入れても、立ち上がる時に簡単には抜け出せないんじゃないかな。あー困った。

カウンター用の板は1枚28,000円もするので、引き出し用の板は安い薄い物で充分と考えていたのですが、大工さんはサービスで付けてくれたのです。とても感謝しております。本当です。ありがとうございます。座って膝が当たらなければ最高だったのですが・・・。高さを指定しなかったばかりに、申し訳ない!完成する前から我が家の後悔ポイントになりそうです。工務店の営業Yさんからの情報によると、張り切って嬉々として作ってくれたそうです。残念無念です。

カウンターの高さを変更したいなら、壁も剥いでやり直さないといけないそうなので、言えないなぁ・・・。工期も伸びちゃうし。

低い椅子でも検討するかなぁ。でもあんまり低いと立ち上がる時にストレス感じそう。

昇降式の椅子は、見た目が・・・。端っことはいえLDKにあるので、見た目も気にしたいところなのです。

さて、どうしたものか。

完成をお楽しみに・・・。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。