おうちのこと 

おうちのこと

40代なのに貯金ないけど、居心地のいいおうちを作ろうと奮闘するブログ

おうちにつけて良かったもの(室内物干し)

こんにちはー!久々の更新になります。

気がつけば10月も終わりそうです。あっという間です。一日が終わるのもあっという間です。やばいやばい。また土日が来ちゃう。あっという間にリセット月曜日。ヒエー。

 

さて、タイトルで全て出しちゃっていますが。

注文住宅と言うことで、好きなように家を建てたので、その失敗や成功について書いた方が良いなと前から思っていました。

結構悩んだので、他にも悩んでおられる方の参考になればと思っております。

 

つけて良かった設備・・・室内物干しです。

 昇降式ホスクリーン

川口技研  ホスクリーン  URM-S-W  面付型

川口技研 ホスクリーン URM-S-W 面付型

 

 ホスクリーンの、埋め込み昇降式タイプです。

これを、2階のバルコニーの内側に付けました。(施主支給です。楽天で購入、工務店さんを受取先にして、取り付けてもらいました。)

f:id:kiwim:20181026143454j:plain

最大まで伸ばした状態です。こんなに伸ばして使ったことはありません。

左側の操作棒は、この写真ではぶら下がっていますが、取り外せます。

f:id:kiwim:20181026143422j:plain

使わないときは天井にピタッと収まるので、スッキリです。(※全くのフラットにはなりません。)

 

使った感想

便利です!

雨の日の室内干しはもちろんですが、外に干していた洗濯物が乾ききってないときにも、そのまま干しておけます。

そして、急に雨が降った時、バルコニーから室内干しにかけかえるのがサッサと出来て、嬉しいです。

操作棒は、昇降させる時以外は外しているのですが、結構長くて邪魔なので、スマートに収納する方法を探しているところです。

その操作棒をクルクルと回して、バーを昇降させます。力は必要ないですが、洗濯物をたくさん吊るした状態だと、回すのがやはり重くなります。

干しやすい高さまで下ろして干したら、邪魔にならないように天井近くまで上げておくと、その付近を歩く時もそこまで鬱陶しく感じません。(個人の感想です)そこが昇降式の良いところですねー。

f:id:kiwim:20181026141035j:plain

これ↑は、設置する前の天井です。

丸い穴は、ダウンライト設置用です。

 

また、和室には別の室内干し商品を付けました。

ナスタ エアフープ

f:id:kiwim:20181026141109j:plain

押入れまで写ってしまっておりますが。高さの感じも、伝わりますでしょうか?

 

 エアフープ ホワイト×グレーを2セット(ポール2本)付けました。

これは高さの調節が出来ないので、吊るしたら吊るしっぱなしです。必要ない時には全部外して押入れに入れておけます。

使った感想

2セット付けたので、天井に穴が4つあいている状態です。どの向きにも吊るせるので楽しいです。(向きを変えて楽しがっているのは家族で私だけです)

和室はリビングのすぐ横なので、2階まで干しに行かなくていいのが便利です。商品の感想ではありませんが。洗濯物を干すのはもちろんですが、使ったあとのバスタオルをかけておくのにも便利です。マンション時代はベランダに干してましたが、外に干せないときにも便利です。バスタオルは干すのに場所を取るので嫌なのですが、夫と長女はバスタオル派なので、毎日2枚干されています。

 

 

我が家の室内干し設備は以上です。

最初、付けすぎかなぁと思ったのですが、実際暮らしてみるとそうでもなかったです。我が家は洗濯物が多いので、エアフープが2セットと2階のホスクリーンで丁度良い感じです。あ、でも浴室乾燥機(ポール1本)も付けたので、それで大丈夫というのもあるかもしれません。雨の日は、乾くのに時間がかかるものは浴室乾燥します。(下着とか早く乾く体操服などは室内干しで充分です。)

という訳で、我が家は洗濯物の量が多いので、室内干し商品をつけて良かったとしみじみ思っております。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

何かの参考になれば幸いです。

それでは、また!